Gramap用ColorPicker

Gramap内のカラー選択用にカラーピッカーを作成した(*゚ェ゚*)

GramapColorPicker

カラーピッカーを閉じるにはカラーピッカー外を選択するかカラーピッカー内の左上の色をタップすることで閉じます。
また、カラーピッカーの右上の色選択すると新しい色の選択前の色へ戻すことができます。

Gramap 公開

アプリ名 Gramap Tablet_Gramap_left_angle_2
説明

日本の都道府県を対象にしたグラフィカルなマップを簡単に作成できます。

機能
  • 一部SVG形式で保存する事ができます。
Windows ストアで入手できます

SVGで出力したファイルはIllustratorやブラウザで開くことができーるです。

都道府県庁所在地を元にするとこうなる

円形

横並び

縦並び

今回はアプリ提出から1時間程で公開された(*゚ェ゚*)

Windows ストア アプリ はじめました

アプリ名 IP計算 Tablet_IPKeisan_left_angle_2
説明

IP Range から CIDR、CIDR から IP Range に変換します。

計算結果のリストにはネットマスク、ネットマスク(2進数)、アドレス数なども表示されます。

各表示項目はオプションで切り替えられます。

機能
  • IP Range から CIDR に変換
  • CIDR から IP Range に変換
  • リストをダブルタップでテキスト選択
  • 計算結果をテキストファイルに保存
Windows ストアで入手できます

勢いで作ってしまいました(*゚ェ゚*)

Windows ストアで公開するのは初めてだったのでアプリの情報入力に時間がかかったけれども全体的に思っていたよりスムーズ。

アプリの情報を入力したりスクリーンキャプチャした画像を用意したり、ちょっぴりドキドキしながらアプリを提出(アップロード)した。

時刻は 2014/10/22 05:48

ここから認証ステータスが1から段階的に変わる

  1. 前処理
    通常、1時間以内で完了します。
  2. セキュリティテスト
    通常、3時間以内で完了します。
  3. テクニカルコンプライアンス
    通常、6時間以内で完了します。
  4. コンテンツコンプライアンス
    通常、5日以内で完了します。
  5. リリース
    アプリが認定されるまで待ちます。
  6. 署名とパブリッシュ
    通常、4時間以内で完了します。

というような流れで1~5が終わったところで「アプリが認定されました」メールが届いた。

時刻は 2014/10/22 06:45

提出(アプリのアップロード)からわずか1時間。

そこからの認証ステータス6が長く、翌日「Windows ストアに公開されました」メールが届いた。

時刻は 2014/10/23 05:53

提出(アプリのアップロード)からWindows ストアに公開されるまでの時間は1日と5分。

あれ、早いな(*゚ェ゚*)

 

DIY PC 2014

Surface pro で Windows 8.1 に慣れてきたのでメインで使っているパソコンをWindows 7 から Windows 8.1 にする(*´ェ`)

ケースと電源以外を全部変えることにした。

新しいパソコンの構成は

CPU Intel Core i7 4790 BOX
マザーボード ASUS MAXIMUS VII HERO
ビデオカード ASUS GTX760-DCMOC-2GD5
ケース Cooler Master NV-942-KKN1-JP (HAF X NVIDIA edition)
メモリ CORSAIR CMZ32GX3M4A1866C9 PC3-15000(DDR3-1866) 8GBx4
SSD PLEXTOR PX-256M6S
電源 SilverStone STRIDER PLUS GOLD SST-ST85F-G
OS Windows 8.1 Pro 64bit

今回は何も問題なくスムーズに組み立てられた(*´ェ`)