DIY PC 2014

Surface pro で Windows 8.1 に慣れてきたのでメインで使っているパソコンをWindows 7 から Windows 8.1 にする(*´ェ`)

ケースと電源以外を全部変えることにした。

新しいパソコンの構成は

CPU Intel Core i7 4790 BOX
マザーボード ASUS MAXIMUS VII HERO
ビデオカード ASUS GTX760-DCMOC-2GD5
ケース Cooler Master NV-942-KKN1-JP (HAF X NVIDIA edition)
メモリ CORSAIR CMZ32GX3M4A1866C9 PC3-15000(DDR3-1866) 8GBx4
SSD PLEXTOR PX-256M6S
電源 SilverStone STRIDER PLUS GOLD SST-ST85F-G
OS Windows 8.1 Pro 64bit

今回は何も問題なくスムーズに組み立てられた(*´ェ`)

Barnes-Hut

力指向グラフを調べていたら Barnes-Hut のアルゴリズムを Processing で書いているサイトがあったので C#に書き直して WPFアプリケーションに移植してみた(*´ェ`)

参考サイト先にも書かれている通り、初期の配置を考えないとごちゃごちゃになってしまう(*゚ェ゚*)

参考サイト
Barnes-Hutのアルゴリズムについて

今後は最適化と高速化したい(*´ェ`)