SONY SPRESENSE を買ってみた

Raspbery Pi と GPSモジュールを組み合わせてGPSロガーを作ろうと思い調べていたら
SONYが開発したSPRESENSEというIoT用ボードコンピュータが目に入りこれは良さそうと思い買ってしまった ワク₍₍ (ง ˘ω˘ )ว ⁾⁾ワク
今回購入したのは

SONY SPRESENSE メインボード 1個
SONY SPRESENSE 拡張ボード 1個
SONY SPRESENSE GNSSアドオンボード 1個
SMA-J⇔IPEX(IPX/U.FL)変換ケーブル(120mm) テフロン同軸ケーブル 1本
GPS(L1/L5)/GLONASS アクティブアンテナ LNA内蔵 DC3V~5V対応 1個


拡張ボードは使わずまた次回..

SPRESENSEのドキュメントが日本語で用意されていて画像も豊富なのでとてもわかりやすい(*´ェ`)

開発環境は Mac Book Air(M1 Apple Silicon) に Arduino IDE を選択した(*´ェ`)

まずはサンプルスケッチのLチカからのgnss.inoでメインボードの測位衛星システムの動作確認(*´ェ`)
あっさり動いたー∑(*゚ェ゚*)
それからGNSSアドオンボード+外部アンテナを取り付けてサンプルスケッチのgnss_addon.inoで動作確認して今日はおしまい(*´ェ`)
メインボードの時は受信した衛星の数が12で外部アンテナを取り付けると24になった(*゚ェ゚*)
初めてでも開発環境のインストール含め外部アンテナを使用した位置取得まで僅か1〜2時間で出来てしまうま∑(*゚ェ゚*)カンタン

拡張ボードはSDカードに書き込みしたりネットワークで位置情報などを送信したりする時に使用する予定..(*´ェ`)
あとは外部電源を用意してPCやMBAが無くても使えるになったら持ち歩いてみたい(*´ェ`)

太陽と地球の関係を理解しやすくするWebアプリの進捗状況

8割方できた(*´ェ`)

2019年4月1日21時0分0秒JSTの地球の様子をブラウザでシミュレートしてみる(*´ェ`)

ブラウザで現在時刻をUTCで取得、APIに問い合わせ指定時刻の地球の傾きや回転、太陽の地心座標などを取得、結果をWebGLで描写する(*゚ェ゚*)

地球の様子

Day Night Map

API(Go製)はEOPを取得する為のAPI(RoR製)に問い合わせ、その結果を元に
以下のような結果が返ってくるプログラム(C言語)を作成した(*´ェ`)


UTC: 2019/04/01 12:00:00.000000
UT1: 2019/04/01 11:59:59.880856
TAI: 2019/04/01 12:00:37.000000
TT: 2019/04/01 12:01:09.184000
TCG: 2019/04/01 12:01:10.113142
TDB: 2019/04/01 12:01:09.185672
TCB: 2019/04/01 12:01:29.857194
(TAI-UTC): 37s
(TT-UTC): 69.184s
DUT1: -0.119144s
GAST: 9.556986
GMST: 9.561109
EE: -0.000072
EO: -0.242480
ERA: 9.314506
NL: -16.182279
NO: -2.939230
MOE: 23.436775
TOE: 23.435959
.
.
.

この結果をAPI(Go製)側でパースしてブラウザ側に返している(*´ェ`)


{
  "em": 0.99922431958942692,
  "gast": 9.5569856385418888,
  "gmst": 9.5611092065398857,
  "toe": 23.435958905709278,
  "sun": {
    "ra": 10.547232111832226,
    "dec": 4.5367110362474303,
    "lon": 11.471388099207983,
    "lat": -5.6459338108005382e-05
  }
}

ブラウザ側はVueとthree.jsを使用してTypescriptで書いている(*゚ェ゚*)

そのうちNuxt.jsで作り直すかもしれない(*´ェ`)

ブルーマーブルの画像
Credit: NASA Goddard Space Flight Center Image by Reto Stöckli (land surface, shallow water, clouds). Enhancements by Robert Simmon (ocean color, compositing, 3D globes, animation). Data and technical support: MODIS Land Group; MODIS Science Data Support Team; MODIS Atmosphere Group; MODIS Ocean Group Additional data: USGS EROS Data Center (topography); USGS Terrestrial Remote Sensing Flagstaff Field Center (Antarctica); Defense Meteorological Satellite Program (city lights).
地球の街の灯画像
Credit: Data courtesy Marc Imhoff of NASA GSFC and Christopher Elvidge of NOAA NGDC. Image by Craig Mayhew and Robert Simmon, NASA GSFC.