XOOPS導入

まずはMySQLを入れる
yum -y install mysql mysql-server
むむ、起動しない。
mysql.hostのエラーが出る。
そんな時は
mysql_install_dbを実行。
あら、起動できる(*´ェ`)
それからXOOPSを入れる
順調にいき、フォーラムやアップロード板を設置する(*´ェ`)

Apacheの設定

Apacheを設定する。
CustomLog logs/ドメイン.com-access_log combined env=!nolog
#ログから指定したアドレスを除く
SetEnvIfNoCase Remote_Addr アドレス nolog
#ログから指定した拡張子ファイルを除く
SetEnvIfNoCase Request_URI “\.(gif)|(jpg)|(png)|(css)|(js)|(swf)|(ico)$” nolog
//SetEnvIfNoCaseは大文字、小文字の区別をしない。
//SetEnvIfの方は区別する。
アクセス数はないに等しいのでホスト名を取得させる
HostnameLookups On
バーチャルホストを設定(2つのサイト)している場合、2つとも設定しないと動作しなかった(*´ェ`)

FTP

仲間内で使えるように、ベリーセキュアなFTPDemonのvsftpdを設定した(*´ェ`)
anonymousユーザはもちろん使わないので
anonymous_enable=NO
とする。
Windows側のクライアントソフトがUTF-8に対応していないみたいなので、ログのファイル名(日本語の部分だけ)が文字化けする。
他に問題を見つけたらProFTPDに変えてみよう(*´ェ`)

暑くもなく寒くもなく

ApacheでWEBサーバーを立てた(*´ェ`)
仮想ホストの設定をして2つのドメインがそれぞれ別のページを表示するようにした(*゚ェ゚*)
肝心なWEBページはまだできていない(*´ェ`)

すっきり解決Samba

今日は13時から教養講座(人間)
教養講座(人間)は毎回講師が変わる
今回は林緑子氏と吉田雅彦氏による「日本における”アニメーション”の現代」
samba問題解決
問題:Linuxを再起動させるとWindowsからsambaの共有フォルダが見られない。又はアクセスできない。しかしwebminからsambaの再起動をかけると起動する。
原因:自動でnmbが起動するようにしていなかった為、Linuxを再起動させると(nmbが自動で起動しないので)sambaがうまく動いてくれていなかった(;´_`;)
対処方法:nmbをLinux起動時に起動するようにサービスに登録、有効にする。
結果:smb + nmb の二つが起動していないとsambaは動いてくれない(*゚ェ゚*)という事がわかった。
webminからsambaの再起動をかけると起動したのは、webminがsmbとnmdをrestartさせていた為だ(*´ェ`)
というわけで、

ズキズキする目の裏

今日は午後から特別講義( ´(ェ)` )
松井みどり先生による「夏への扉:マイクロポップの時代」
うー頭痛い( ´△`) アァー目の裏あたりがズキズキ
内部DNDサーバーを構築。
sambaの問題は解決した(*´ェ`)
何が原因だったのかは不明(;´_`;)

うーむ、何故、

今日はお昼に起きてアトリエへ向かう(*´ェ`)
帰りにBlu-rayを売ってそうなお店に数店入ってみたけれど、Blu-rayを置いてあっても数がすくない( ´(ェ)` )
sambaでWindows2台からLinux側に置いたフォルダを共有しようと設定したのはいいけれど、Linuxを再起動させるとなぜか共有フォルダにアクセスできない( ´(ェ)` )

やっと始動

カーネルの起動オプションに vga を指定して vesa で起動するとGUIのインストール画面がでてきた(*´ェ`)
vesaで起動後はlivnaパッケージのnvidiaドライバを適用した(*゚ェ゚*)
SSH とSambaの設定してTS2Server入れて無事セットアップ終了(;´・`)> ふぅ
以下メモる
自動ログインをする為に /etc/gdm/custom.conf へ
[daemon]
#自動ログインを有効にする
TimedLoginEnable=true
#自動ログインするユーザーアカウントを指定
TimedLogin=username
#自動ログインまでの時間(秒)を指定
TimedLoginDelay=0
を追加する。
画面の自動ロック解除はGUIでシステム>設定>ルック&フィール>GNOME スクリーンセイバーの「スクリーンセーバーを起動したら画面をロックする」のチェックを外す。
viに行番号表示させるには .exrc に set number を追加する。
viはファイルが存在していない場合、新しく作成してくれる(*´ェ`)
viが使いやすくなってきた(*´ェ`)

表示されませぬ

Fedora9をインストールしようとするも画面が表示されず、モニタへうまく信号が送られていないようだ(;´_`;)
vesaオプションを付けるとようやくインストール画面が現れた(*´ェ`)
こっからが長い、パッケージもインストールし終わり再起動を促され、再起動。
するとまた画面が表示されない( ´(ェ)` )
xorg.confを設定しても表示できず、再インストール、設定見直しってなことを10回くらい繰り返し。
そんなことをしていると朝になる。
お昼から学校へ行くので4時間程寝たあとアトリエへ向かい、、
帰りにスティーブン・セガールの沈黙DVDを購入。
現在もFedora9のインストールに挑戦中(;´_`;)

夏休み終わり。

# tail -f /var/log/messages
tail に -f のオプションを付ければログをリアルタイムに監視する事ができる。
けれど終了のさせかたがわからなかった(;´_`;)
調べてみるとCtrl+Cでtailコマンドを終了させることができた∑(*゚ェ゚*)
近いうちに ubuntuからFedora9に変えちゃおう(*´ェ`)