KVMでWindows Xp を動かす

KVM + QEMU + SPICE を Fedora15 にインストールして Windows Xp Home を動かしてみた(*´ェ`)

仮想 Windows Xp Home に割り当てた中央演算処理装置の数は2つ、仮想主記憶装置は 2GB で 仮想補助記憶装置の要領は 40GB

仮想 Windows Xp Home の不要なサービスを止めて起動時のメモリ使用は80MB未満(*´ェ`)

仮想 Windows Xp Home で Terraria のサーバーを動かしてみても全く問題ない。

画像の丸1が仮想 Windows Xp Home で Terraria のサーバープログラム + MineCraft の Linux版サーバープログラムが動いてる状態(*´ェ`)

丸2のところがKVMサービスを止めた状態(*´ェ`)

NetworkManagerからNetwork

Fedora15でNetwrokManagerサービスからNetworkサービスに変える際に引っかかった点。

vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

に書かれている

DEVICE=eth0

DEVICE=em1

にしないとNetworkサービスが起動しなかった(*´ェ`)

NetworkManagerサービス

Fedora 15ではNetworkManagerサービスもSystemdサービスの管理下に置かれ
chkconfig NetworkManager off
が効かない
NetworkManagerサービスを止めるには
systemctl stop NetworkManager.service
そして自動起動停止
systemctl disable NetworkManager.service